今ではハーフは肩書になっています。

日本人は、映画じゃないけど平たい顔族で、ハーフのくっきりした顔立ちと、色の白さに憧れます。昔は、ハーフはいじめの対象に合っていたのが、今では、雑誌のモデルのなろうものなら、ハーフという肩書は必須条件になりつつあるのです。ハーフは目立つので、名前や、顔を覚えてもらい安いのが特徴です。職場でも、取引先に、印象付けられて、日本人が何回行っても、あれ、誰だっけといった、ことがなくて得をします。これはポジティブな事だとも言えるでしょう。
たとえば生粋日本人10人の中にハーフが、一人がいると、ハーフなのが目立つのか、欧米風の容姿が目立つのか、誰もがアメリカの キャッシィーとして国名も名前も、そして顔もスグに覚えてくれます。
現に相手がハーフの顔と名前を覚えていてくれていたから、ハーフに仕事の話が来たこともあるし、ハーフ自身は本来それほどインパクトのあるキャラクターではないと思うのだけれど、やっぱり容姿が日本人的でないために常に目立ち、その結果、(周りの人にとっては)ハーフの存在自体が個性になっているようなところがあるのです。結果、会社員としての仕事はともかく、個性が求められる仕事では、それがプラスに動く場面もたくさんあります。
そういえば思い出したのだが、語学レッスンです。(プライベートレッスンもそうだし語学学校のレッスンも)に関しては日本には不思議な現象があります。どうも多くの日本人は、たとえばドイツ語を習おうとする時に、ドイツ語がペラペラの帰国子女(生粋日本人)の先生よりも、容姿も名前もドイツ風のハーフの先生にドイツ語を習いたい、と思う人が多いようであります。ハーフの人で教える事は昔から大好きな人は、、生徒さんが増えるのは嬉しい。でも同時に、たとえばハーフの先生とと同じドイツ語能力を持った帰国子女の先生に対して申し訳ない気持ちになったりもします。
私が想像するに、人間やはり雰囲気に影響されやすいようdす。同じドイツ語能力でも、容姿が日本人の人(帰国子女)ではなく、容姿も名前もドイツ風の人にドイツ語を習いたい、ドイツ風の人にドイツ語を使う仕事をやらせたい、ということだと思います。芸能界もハーフが席巻して活躍をしています。平たい顔族の私は、ハーフに生まれたかったとつくづく思います。もし、ハーフに生まれていたら、芸能界で、お金儲けできたのになあという単純な発想ですけどね。ハーフ、クオーター本当にうらやましいです。