やっぱり顔が濃い

知り合いの男性でとてつもなくハンサムな人がいます。
その人はたしかにハーフ顔とも言われますが
同時に九州育ちの人ですか?ともいつも聞かれる様です。

 

どうやら九州の方というのはいわゆる
かなり濃いめの顔立ちの方が多い様ですね。
ハーフ顔と一言で言ってもそれぞれアジア系のハーフ顔、
中東系、ヨーロッパ系とありますが
この方はどちらかというとアジア、ヨーロッパがちょうど
混じった様な感じですね。

 

その人はたしかに男性ですが見た目は
草刈正雄とたまに言われている様です。
どうやらこの草刈正雄さん、たしかにネットで
色々検索してみても若かりし頃は相当のハンサムですよね。
実際かなりのハーフ顔だと思います。

 

ただ皮肉な事に本人自身はこのハーフ顔を
かなりいやがっている様子で
どうやら見た目がかなり濃い事に
コンプレックスを持っている様子です。
ないものねだりというのはよくあるもので
しょうゆ顔の人はソース顔に憧れるし
そのまた逆もしかり。
やっぱりこの人はしょうゆかソースか
どちらかで言えばかなりのソース顔と言われています。

 

私は個人的に思うのはやっぱりハーフはハーフでも
少し日本人的な顔立ちが残っていてもらいたい気はしますね。
外国の顔、日本人の顔それぞれ半分半分が一番
魅力的な顔立ちなのではないかと思います。
この知り合いの男性も見ていて思うのですが
やっぱりハーフ顔って日本人の様なのっぺりとした顔立ちが
多い中では相当目立ちます。
日本人の顔のコンプレックスって基本的には
やっぱり目が大きい、鼻が高い、という事に目が向けられていますよね。

 

彼も非常に目がはっきり、お目めパッチリな人なので
下手にファッションやアクセ、髪型で小細工する必要はなさそうです。
こういったハーフ顔の人を見ていて思うのがやっぱり
顔が装飾的な分、シンプルな服装、髪型が一番似合う様ですね。
複雑な装飾を施すと文字通りのがいじんさんみたいになってしまう
からなのだと思います。

 

日本人はわりと必死に目力アップのメイク方法を
求めがちですがそういったものを吹き飛ばす様な
雰囲気はたしかに彼を見ていても思います。
ただ、日本人に比べるとハーフ顔というのは
濃い、薄いでいうとやっぱり相当濃いめなので
外の見た目と性格にギャップを感じてしまう人も多く
彼自身は周りの女性の反応にかなり戸惑っている節がありますね。

 

ハーフ顔にコンプレックスを持っている人も
たくさん日本人にはいますから
女のコにかなりもてているその一方で
相当やっかみや妬みや嫉妬も受ける様なので
一概に恋愛にハーフ顔が良い、とはいえないのだな、
と彼を見てよく思います。